FC2ブログ

子連れ再婚の生活は最初は順調ですが


子連れ再婚の生活は最初は順調ですが、子どもが義父に懐かないとそのイライラがやがて子どもに対して、
義父は躾と称して子どもに意地悪をしてしまうケースが多いです。

例えば、母親が見ていないところで軽くつねってみたり、
おもちゃを取り上げてみたり、
わざと冷たくして、実子を可愛がってみたり…
子どもは最初から義父をお父さんとは思うことができません。
だからある日突然子どもが爆発して、義父から受ける嫌がらせをを泣きながら打ち明けたりします。

そうなると夫婦間でも喧嘩が絶えず、夫は「離婚だ!」と言い出すようになって、毎日が離婚への危機状態です。
子連れ再婚の場合は子連れということで、相手はいきなり他人の子供の親になり、
子どもにとっては、今までの生活が壊れ、知らない人からお父さんだと言われても、実のお父さんへの気持ちもあるので、この時点で混乱してしまいます。

私は5歳で両親と別れました。
しかも父親がサディストであったため、その親から離れたという安心感と、やはり実の父親なので、別れた寂しさに襲われ、
子ども心に、大人の人には僕の気持ちはわからないと思いましたから、当事者の子どもは同じ不安と寂しさに襲われている状態だと思います。

お互いに子連れの場合は、子供を通して共通の話題がありますので、そこの部分では理解しあえるということもありますが、
問題は子供の気持ちを無視して、この人を逃してはもうチャンスがないと思い込み、親同士を感情を優先して再婚をした場合、
現実問題に直面すると、その時から夫婦関係がこじれてしまうのです。


自分は良いなと思っていても、子どもが嫌がっていたり、相手に懐かないのであれば再婚しても、後から問題が起きてしまいます。
やはり、子連れでの再婚をする場合は子供の気持ちを優先することが大切ですが、それでもいつか子どもはわかってくれると思い再婚をした場合、
引き寄せの法則が大変役に立ちます。
子どもの方が再婚した場合はストレスもかかりますし、変化が大きいことなので、そのストレスを癒せる母親にならなくてはなりません。
子連れ再婚では子供の問題以前に、親の人生観が問題になってきます。
引き寄せの法則から、幸せを引き寄せるパワーを持っている人が、今現在修羅場を演じている生活をしていても、最終的に幸せな家庭へと導くことができるのです。


人とのコミュニケーション能力を茶道を通して高めてみませんか?

by 宗嘉


DSC01060.jpg

0 Comments

Leave a comment