FC2ブログ

ADHDへの対応

ADHDの人は、学校や職場での集団行動が嫌で、その様な自分にイライラしています。

人との協調性がないため、他人と一緒に行動すると、居心地が悪くなって、我慢できなくなります。
無理に周りに合わせようとすると、うつ状態のようになることがあり、自分の殻の中に閉じこもって、生きているのが嫌になってしまうのです。
しかし他人と協調しなくても良い環境にいると、隠れた天才的な才能を生かせ、結果その分野で成功して、裕福な生活を送ることも可能なのです。

一般にADHDの人は、自分の方に注意が向けられず、お風呂に入らなかったり、部屋の片付けができず、時間にもだらしないため約束の時間に来なかったりします。
一方、覚醒度が上がっていくと、多動性や衝動性が高まり、気分にむらがあって落ち着きがなくなり、不安が高まるとパニックを起こすこともあるのです。
特に女性の場合は、不注意な行動が多くみられるのです。
ADHDの人は芸術面で優れている人が多く、その分野では驚異的な実力を発揮させることができますが、親自身に心のゆとりがないと、子供の隠れた才能を見過ごしてしまいます。
また同時にいくつものことができず、興味の無いものには関心がないため、注意力が散漫になってしまいます。

自分の能力の隠れた才能を発見をして、伸ばしていくことで、自分自信をコントロールしていく感覚をつかむことが大切です。

ADHDの人への対応は、焦らさせず安心できる、安らぎを与えていくことが必要です。
茶道の様な心を癒す特別な空間の中にいるなど、一人でも安心して落ち着いて過ごせる時間を多く持つことで自己イメージを高めて、自信へとつなげられると思います。

ADHD症状のある人は双極性障害、うつ病、境界性パーソナリティ障害、PTSDなどに似ています。

人とのコミュニケーション能力を茶道を通して高めてみませんか?

hggftrew.jpg

0 Comments

Leave a comment