FC2ブログ

起業家はサイキックパワーを持っている

ベンチャー企業は、小規模~中規模
大企業に対抗するためには革新的なアイデアや技術をもとにして、独自の新しいサービス展開を必要としてます。
しかしベンチャーでは裁量権があるので能力次第ではどこまでも伸びるとは言い切れません。
もし本気で「これからのやりがいのある仕事は、自分の能力を生かせるベンチャーだ。」という人はベンチャー企業、そして起業家ですらない、もし起業を興したとしても成功はしないでしょう。

ところでガードマンの中には元会社の社長さんで倒産させた人が多いのですが、社長として再起できないでこの世界に埋もれている人はよくそのようなことを言います。
再起を図れる人は、そのような話題には触れず、黙々と働いて資金がたまった時点でこの世界から足を洗い、いつのまにか会社を再起させます。
会社を再起させられる人はガードマン仲間とは行動を共にしませんし、「ハングリー精神」だとか、「やはりベンチャー企業なら実力を発揮できる!」などは言いません。

大きな裁量権を持って自らの意思で稼ぎたいと本気で思うのなら、
本気で能力開発を行いないのならばベンチャーや外資、代理店そして起業を興すことです。
ところで「ベンチャー企業に入社したら、誰からも教えてもらえず、どのように仕事をしてようかわからない、ひどい会社だ!」と言う人がいます。

昔の職人は先輩の仕事を見よう見まねで覚え、先輩の良いところを盗んで覚えたのです。
それにはやはり秀吉が木下藤吉郎でまだ下積みだったころ、あの人たらしの技を持ってすれば人間関係は解決する問題なのです。
とくにベンチャー企業では個人の創意工夫、斬新なアイデアが武器だから、自らの能力で武装していかないとついてはいけません。

だから企業教育を受けてマニュアルを学び、きちんとした路線に乗って仕事をしていきたいのなら、大企業の方が向いています。

しかし大企業の部長さんクラスの人ですら、ベンチャー企業の社員や起業家が繰り出す発想力には及ばないのです。
私自身は霊視や予知能力を武器にしていますが、確かにベンチャー企業の社長さんからはサイキックパワーを感じます。

大企業は企業が与えてくれるマニュアルなしで、独創で働ける人は、トップ1%くらいの優秀層に限られて、この優秀層によって支えられているのです。
しかしその優秀層は常にヘッドハンティングの対象となることが多く、実際にこの優秀層からヘッドハンティングされて他社へもっといい条件で転職しているか、大企業を辞めて自らベンチャー企業を興します。
だからベンチャーで活躍できる条件は、誰からも支持されなくとも、自らの創意工夫、斬新なアイデア、そして人たらしであることです。

大企業は自分が無能でも守ってくれる。
大企業から独立した人は、世間の冷たさを嫌というほど味あう、大企業の名前に人は頭を下げてくれるのですが、その後ろ盾がなくなると、いかに自分が大企業に守られていたのかに気づきます。
大企業は大企業の社名に傷をつけたくないので、社員教育は非常に熱心に行われている。
だから大企業を辞めたとしてもその大企業の社名は履歴書やプロフイールに残るので、大企業の社名からその人のマナーは一流とはみなされ退職後もあなたのキャリアを守ってくれるので、後はその社名を活かして成功させることが必要になってきます。

もしあなたが今の社会のトップ層として活躍する自信があるならベンチャーに行った方がいい。
だがもし自分が下位層、つまり大多数の人間だと思うなら大企業で働いてた方が安全かもしれません。

仮に大企業で出世をして裁量権を持てるようになったとしても、そこでベンチャー企業に転職をしても、同じような仕事ができるとは言えないのです。

朝令暮改ではチャンスを逃す
さてベンチャー企業では朝令暮改など悠長なことは言っていられず、即戦力、即決断、即実践になります。
「えーと」とか「その件に関して後日返事を」と言っている間にチャンスを逃してしまうからです。
だから、安定的な顧客基盤やマニュアルも確立されていないのがほとんどですし、マニュアルを確率したら脳はもう考えることを必要としなくなるのです。
大企業のようなマニュアルはかえってマイナスに働く場合が多いのです。
そうした状況の中で「創意工夫、斬新なアイデア、人たらし」といわれる人材でしかも、過去のネガティブなことにとらわれず、ポジティブなチャレンジャーであることで、周りを高い波動で巻き込んでいきます。

「なんだ、この会社の人たちはこんなものか、私の方がもっと要領よくできるのに、私の方がきれる!」」と考える人は、ベンチャー企業を甘く見すぎています。

仕事に優先順位をつけてしまう人は、仕事に対しての応用がきかないばかりか、仕事でのやり残しができてしまう。
すべての仕事を同時にやりこなせなくては、せっかくの創意工夫や斬新なアイデアが真で役に立たなくなってしまうのです。
優先順位をつけないということは、得意領域以外の分野でも波動を高め全力投球するマーケティング開発になり、それが能力開発につながっていくのです。

ベンチャー企業向人材とは
そこでベンチャー企業向きの人はできる理由を考えます。
「可能性をもっと掘り下げていこう!」
「・・・だからビジネスチャンスだ!」
それに対して不向きな人は、
「無理だ!」「前例がない!」等・・できない理由を探すことが上手なのです。

何でも挑戦してみるというチャレンジャーでなければ、「何もたもたしているんだ!」と言われた瞬間、頭の中が真っ白になってしまいます。
やはりチャレンジャーになるための背景は、コンプレックスではないかと思います。

コンプレックスが強ければ強いほどそれがばねとなりますが、やはりそれにはメンターが必要で、メンターの実力に応じた成長が可能になります。
ベンチャー企業で実力を発揮してやがて独立をしていくのも、あなたが出会うメンター次第になります。
私は6歳で女起業家に育てられ、その物凄い稼ぎぶりに圧倒され、育ての親である社長からはかなり虐待されてきましたが、サディストであった社長から殴られた痛さより「僕も起業家になりたい!」という願望の方が勝っていたので、社長の下で起業に対する直感力や霊力を磨き、28歳で起業家になれたのです。
コンプレックスをばねにできない人は、「ベンチャー企業に転職したけど、忙しくて残業も多く、相談をしても相手にされない、何ていう会社だろう。」という愚痴をこぼすことになります。
このような人は、大企業に転職した方が幸せかもしれません。

創意工夫、斬新なアイデアが、人たらし
そもそも創業社長は無から立ち上げていった革命児なので、どうしてもベンチャー企業そのものが革命的精神でないと、大企業に潰されてしまうのです。
だからそのような人材を求め、それができる人がベンチャー企業で自分を活かすことができ、やがて自ら会社を立ち上げることができます。
「今、無いのなら、これから新しく創り上げるんだ!」と考え、造り上げた形をイメージできる能力を必要とします。
人の能力はイメージしたことがやがて予知能力となり、新な能力が開発されます。
無限の力を秘めた脳は、無限の宇宙に繋がっています。

そして脳は過酷なほど使えば使うほど、その人は宇宙のエネルギーを体内に吸収して人間離れをした力を得ることができます。
脳を鍛える快感、これは徹夜しても楽しむゲームなど問題にはなりません。
何しろ稼げるからです。
能力と稼げることが直結すると仕事に対しての意欲や創意工夫が生まれ、その集団がベンチャー企業になるのです。

女性の仕事観では結婚したら専業主婦になるか家計を助けるためにパートでいい、まはた第一階層の人と結婚をした場合は別として、二極化しているように思います。
「公務員や大企業の社員になって安定をした生活をしたい」という層と、
「自分の手にスキルをつけて、起業を興すことをも含めて裕福な生活をしたい」という層です。

短い期間で転職を繰り返してきた場合も、そこからの学びが多ければ創意工夫、斬新なアイデア、人たらしのノウハウとして財産になります。
ベンチャー企業では、一緒に会社を大きくしていこうという観点から、同士という絆が必要になり、自らが企業を興す場合は部下にソウルメイトがいなけば成功は難しいのです。
そういったスタンスで仕事をすることにより、創意工夫、斬新なアイデアが、人たらしが身につき、その目に見えない力が売れる商品、集客とつながっていくのです。

0 Comments

Leave a comment