FC2ブログ

柄杓と袱紗の陰陽五行

柄杓も茶杓も点前座へ運ぶまでは伏せます。伏せた状態は陰を表し、陰は動きません。お点前を始めると動きます。袱紗も最初は腰につるしておきます。これは陰です。茶杓を清めたら茶杓は上向きに置きます。これで陽になり動き出します。従って袱紗も腰にはつるさず畳に置きます。陽では、茶杓は上向きになり、袱紗は畳に置いていつでも動かせるようにしてます。お点前が終わって茶杓を清めお茶碗に伏せたら陰になり袱紗も腰につるし...