FC2ブログ

Index

191: ◆ 波の音 ◆

◆ 波の音 ◆浮島生地にかのこ豆を入れみじん

190: ◆ 若桃大福 ◆

◆ 若桃大福 ◆中あんに若桃を入れた大福。求

189: ◆ 青梅 ◆

◆ 青梅 ◆甘露煮の梅の実を入れた甘酸っぱい

188: ◆ ばら ◆

◆ ばら ◆ゆず浮島生地に、黒糖入り羊羹を流

187: ◆ ばら ◆

◆ ばら ◆練りきりのばら。中はレモンあんで

186: ◆ 淡雪羹 ◆

◆ 淡雪羹 ◆錦玉羹にメレンゲを混ぜた淡雪羹

185: ◆ 鮎 ◆

◆ 鮎 ◆ こしあん、求肥を生地ではさんだ初

183: ◆ 鯉のぼり ◆

◆ 鯉のぼり ◆こどもの日に練りきりの鯉のぼ

184: ◆ 蝶 ◆

◆ 蝶 ◆中あん(オレンジピール入り白あん)

182: ◆ つつじ ◆

◆ つつじ ◆抹茶の風味がふわっと広がります

181: ◆ 桜 ◆

◆ 桜 ◆中に大納言が入った浮島生地と黄身羊

180: ◆ 桜餅 ◆

◆ 桜餅 ◆桜の葉の塩気と香りが美味しい和菓

179: ◆ うぐいす餅 ◆

◆ うぐいす餅 ◆もち粉で求肥を作り、中はこ

178: ◆ 梅 ◆

◆ 梅 ◆ういろう製「梅」中はピンクに色付け

177: ◆ クリスマス ◆

◆ クリスマス ◆クリームチーズとレーズンを

176: ◆ 柚子の香 ◆

◆ 柚子の香 ◆すりおろしたゆずの皮を混ぜた

175: ◆ 浮島羊羹(初霜)◆

◆ 浮島羊羹(初霜)◆和の蒸しカステラの上

174: ◆ 初霜 ◆

◆ 初霜 ◆二色をぼかして涙型にし、竹串で葉

173: ◆ 浮島(秋姿)◆

◆ 浮島(秋姿)◆こしあんを混ぜ込んだしっ

172: ◆ 亥の子餅 ◆

◆ 亥の子餅 ◆無病息災や火の用心などを願っ

171: ◆ 黄身しぐれ ◆

◆ 黄身しぐれ ◆ほろほろの生地が軽い口当た

170: ◆ よわい草 ◆

◆ よわい草 ◆「よわい草」は菊の別名。うい

169: ◆ コスモス ◆

◆ コスモス ◆濃いピンク色の生地がほんのり

168: ◆ 柿の実 ◆

◆ 柿の実 ◆黄色と赤の色粉で柿色に着色した

167: ◆ 菊 ◆

◆ 菊 ◆9月9日は重陽の節句(菊の節句)です

166: ◆ 抹茶水ようかん ◆

◆ 抹茶水ようかん ◆夏に食べたい!抹茶の水

165: ◆ ひまわり ◆

◆ ひまわり ◆少し遅いですが練りきりのひま

164: ◆ はちみつレモン羹 ◆

◆ はちみつレモン羹 ◆夏の暑い時に爽やかに

163: ◆ ほおずき ◆

◆ ほおずき ◆夏の風物詩「ほおずき」中は甘

162: ◆ 白ごまチュイール ◆

◆ 白ごまチュイール ◆瓦をイメージした薄焼

161: ◆ 梅のみぞれ羹 ◆

◆ 梅のみぞれ羹 ◆錦玉液に道明寺粉を加え、

160: ◆ 抹茶マカロン ◆

◆ 抹茶マカロン ◆和風にアレンジした 抹茶

159: ◆ 若葉 ◆

◆ 若葉 ◆ゆず浮島と抹茶羊羹の上に、白、薄

158: ◆ 艶干玉錦(紫陽花) ◆

◆ 艶干玉錦(紫陽花) ◆寒天を煮詰めて作る

157: ◆ あじさい(ういろう) ◆

◆ あじさい(ういろう) ◆ういろう生地は伸

156: ◆ 琥珀糖 楓 ◆

◆ 琥珀糖 ◆寒天を煮詰めて作る干菓子。緑で

155: ◆ きんとん製あじさい ◆

◆ きんとん製あじさい ◆羊羹の生地のきんと

154: ◆ キウイのようかん ◆

◆ キウイようかん ◆キウイで作ってみました

152: ◆ あじさい ◆

◆ あじさい ◆ピンク、淡い紫、水色、黄緑の

153: ◆ 琥珀糖(干菓子) ◆

◆ 琥珀羹(干菓子) ◆寒天を煮詰めて作る干

142: ◆ 桃の羊羹 ◆

◆ 桃の羊羹 ◆やわらかな桃の羊羹です。瑞々

137: ◆ 茶畑 ◆

◆ 茶畑 ◆初夏の茶畑をイメージした焼き菓子

136: 2人貴人且座 無言投げ込み花月

2人貴人且座無言投げ込み花月宗嘉の木の芽

135: 且座之式

且座之式は、あらかじめ役割が決まっていま

139: ◆ 花かご ◆

◆ 花かご ◆春の野でお花摘み。ゆずの香りが

97: ◆ 桜 ◆

◆ 桜 ◆春風に誘われて、桜が一輪、舞い降り

140: ◆ ゆず浮島 ◆

◆ ゆず浮島 ◆浮島とは蒸したカステラのよう

141: ◆ うぐいす ◆

◆ うぐいす ◆練り切り生地を俵型にし、ぬれ

150: ◆ 亀甲 ◆

◆ 亀甲 ◆浮島と羊羹の組み合わせ

147: ◆ ハロウイン ◆

◆ ハロウイン ◆練りきりのハロウィンとかぼ

151: ◆ 月とうさぎ ◆

◆ 月とうさぎ ◆少しやわらかめの羊羹の中に

146: ◆ 菊 ◆

◆ 菊 ◆9月9日は「重陽の節句」別名「菊の節

134: ◆ ほうじ茶の冷やしくず ◆

◆ ほうじ茶の冷やしくず ◆ほうじ茶味のとろ

132: ◆ 水羊羹 ◆

◆ 水羊羹 ◆柔らかな水羊羹作りたてを直前に

131: 柄杓と袱紗の陰陽五行

柄杓も茶杓も点前座へ運ぶまでは伏せます。

133: ◆ 金魚鉢(錦玉) ◆

◆ 金魚鉢(錦玉) ◆銘:夏のはじめ(錦玉羹

130: 文月の懐石料理

夏の懐石料理 16/07/13 生徒さんの作品で

129: 陰の太りやすい食べ物は

和の食事の基本は陰陽五行と宇宙の法則から

127: 七事式の且座は

七事式の且座は最初に役割が決まると変わる

126: ◆ 香魚 ◆

◆ 香魚 ◆練り切りの香魚(あゆ)中あん:こ

125: ◆ くず流し ◆

◆ くず流し ◆とろりとした抹茶味のくずの食

124: ◆ あじさい(雪平) ◆

◆ あじさい(雪平) ◆メレンゲを加えた餅生

123: ◆ あじさい ◆

◆ あじさい ◆練り切りのあじさい中あん:こ

119: ◆ 味甚羹(木の芽) ◆

◆ 味甚羹(木の芽) ◆ あんは白味噌あん・

113: ◆ 野遊びと薔薇 ◆

◆ 野遊びと薔薇 ◆ 野遊び中あん:味噌あん

114: ニオイバンマツリ

◆ ニオイバンマツリ ◆ニオイバンマツリが咲

109: 皐月の庭

去年生徒さんから頂いたシャガがきれいに育

107: 飯蛸

オスもメスもどちらも「イイダコ」と呼んで

105: ちまき寿司

ちまきには、魔除けや邪気を払う意味があり

149: ◆ 浮島 ◆

◆ 浮島 ◆甘納豆を散らした浮島と抹茶浮島の

101: ◆ いちご大福 ◆

◆ いちご大福 ◆いちご大福は、いちごとあん

100: ◆ 盆略 ◆

今月は全く茶道が初めての方が3人入門され

99: 向付

向付とはお客様から見て、膳の向こう正面に

98: 卯月のお茶事 先付けメニュー

 懐石料理でのマナー特定のものだけを集中

96: ◆ 引千切 ◆

◆ 引千切 ◆よもぎ餅・練り切りなどの一部分

95: 猫せを運んでくるかぎしっぽの猫

♡ 我が家のボスのゴールドちゃんがかぎしっ

94: 黒猫は魔除け

♡ 猫社会には厳しい?序列があります。我が

93: 如月の懐石料理

今日で如月の懐石料理お稽古は終了しました

92: 節分点心料理で開運

立春2月4日は新年になります。節分では鬼は

90: ◆ 赤鬼・青鬼 ◆

◆ 赤鬼・青鬼 ◆きんとん製の鬼です。目は錬

91: ◆ 黄身しぐれ(水仙) ◆

◆ 黄身しぐれ(水仙) ◆黄身しぐれの生地を

87: クリスマスの手料理

少し早目のクリスマスパーティを開催しまし

84: 菊花しめじ飯

《 菊花しめじ飯 》■材料 2人分・米・・1c

80: ◆ 落ち葉 ◆

◆ 落ち葉 ◆二色をぼかして涙型にし、竹串で

79: 懐石料理・杉盛り

懐石料理・杉盛り11月は炉開きの茶事です

78: ◆ 紅葉 いちょう ◆

◆ 紅葉 いちょう ◆山々が赤や黄色に色づく

76: ◆ 栗まんじゅう・くるみまんじゅう ◆

◆ 栗まんじゅう・くるみまんじゅう ◆秋らし

75: ◆ 萩の露 ◆

◆ きんとん製萩の露 ◆萩の繊細な色は天然色

73: 飯後の茶事 蓮の実

ご飯は蓮の実ご飯。汁は茄子の赤味噌仕立て

72: 飯後の茶事

私、宗嘉は懐石料理をこしらえているため、

67: 茶事のお稽古

茶事に向けて「飯後の茶事」のお稽古をしま

66: 名水点による続き薄

しめ縄とは古事記によると天照大神が天の岩

65: 平花月之式

平花月のお稽古をしました。クライマックス

63: 蹲踞、腰掛け待合、躙口のお稽古

蹲踞で手を清めるお稽古をしました。お点前

62: 四ヶ伝のお稽古

唐物、台天目、盆点、和巾のお点前を四ヶ伝

61: 茶箱月点前のお稽古風景です。

月点前は秋に寄せられて、裏千家11代家元の

58: ◆ 屋内での腰掛け待合・蹲踞・躙口 ◆

茶庭は猫に占領されてしまいましたので・・

57: ◆ 飯後の茶事参加者募集 ◆ 

◆ 飯後の茶事ご案内 ◆ ご飯の後の茶事、つ

55: 「今こうやって巡り会えたんですね」と勘違い・・・

恋する人がいて、ある程度親しくなり始める

44: ◆ 木の芽薯蕷 ◆

◆ 木の芽薯蕷 ◆すりおろした山芋が入ってい